ひとりでひろがるひきがえる

アクセスカウンタ

zoom RSS ビートたけし”ほぼ” 単独ライブ 第三弾

<<   作成日時 : 2016/01/10 11:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0




画像


どうも味をしめてしまったようで、またやるらしい。
もうすでに単独ではなく、〆さばアタル、アル北郷がかならずおり、そして勝手に来るんだもんと言って、ビートきよしがいる。


ここら辺がビートたけしの命綱で、芸人であるといえるところなのだろう。

今回は浅草演芸ホールである。
1000人ほど入るので、最初の時のライブハウスというのはもう終わってしまった。
市町村にある市民会館くらいのおおきさなんだろう。
スポンサーも増えているんだろう。
画像

ホールは一日借り切って40万くらいらしい。
半日なら半分。チケットは5000円くらいなんで、かける1000で500万のあがり。
40万ひいて460万。
その他、もろもろひいても数百万。
まあ、たけしクラスの仕事だと、お金よりやることを選んでいる額なんだろうけど、一般から見ると儲けまんな。

まあ、ライブとかの興行が儲かってるのは人を呼べるという強みだからね。





少し前の秋。いとうせいこうさんがプロデユースを務める「第8回したまちコメディ映画祭 in 台東区」の中で、映画祭最終日に開催された、「たけしリスペクトライブ in 浅草公会堂」にて、サンボマスターの演奏をバックに、実に13年ぶりに客前で、「浅草キッド」を披露された時も浅草の地場がそうさせたのか、この日の殿の喉の調子はかつて類をみないほどグッドコンディションであり、弟子の身で大変生意気な物言いになりますが、あきれるくらい声が伸びやかに出ていて、ことのほか素晴らしい“歌い上げ”でありました。
〜中略〜
そう言えば、「したコメ」の後日、「あのあんちゃん達(サンボさんね)となんかやりて〜な」そう漏らした殿は、続けざま、「あれだな。あのあんちゃん達が演奏してる前に子供用のプール置いて脚立建ててよ、その上から何度もプールに飛び込むパフォーマンスやるか!」と、
正直申しまして、アバンギャルド過ぎてちょっとよく分からない演出プランを炸裂されていました。


オフィシャルページにあるアル北郷の寄稿だけど、たけしがやたらとサンボマスターを気に入ってしまったらしい。
アル北郷は音楽が好きなようなので、こういう目線なんだろうが・・・・・。

過去二回の話をもう少し教えてくれてもいいのに。
どうせ内容がブラックだから、映像化やテレビではできない楽屋話なんだろうから、
軍団たちが教えてくれないと、わからない。

観に行ければいいんだけどさ。





                                                                                                                                                                                                                                   画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビートたけし”ほぼ” 単独ライブ 第三弾 ひとりでひろがるひきがえる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる